看護部

看護部長メッセージ

看護部長 野澤 里美

原宿リハビリテーション病院 副院長兼看護部長
野澤 里美

私たちは、在宅復帰に向けて他職種チームの中で、身体的、精神的障害、慢性疾患、老化に伴う生活の再構築と直面している患者様、ご家族に可能な限りの自立と健康の回復・維持増進が出来るよう看護しています。
そして、患者様が慣れ親しんだ環境に戻り、笑顔で生活できるよう最良の看護を提供いたします。

看護部の理念・方針

看護部基本理念

手には技術 頭には知識 患者様には愛を

看護部基本方針

  • 1. 患者様一人ひとりの立場に立ち、笑顔で関わります。
  • 2. 患者様の日常生活動作(ADL)向上のため、統一した看護を提供します。
  • 3. リハビリテーション看護の視点で患者様を把握し、患者様の生活の質(QOL)を高める援助をします。
  • 4. チーム医療の重要性を認識し、他職種と連携していきます。

看護部教育

教育目的

回復期リハビリテーション看護に必要な専門的知識、技術、態度を養い、看護の対象者に質の高い看護を提供できる看護師を育成する

教育目標

  • 1. 患者を尊重し、思いやりの心で看護・介護を実践する看護職員を育成する
  • 2. 医療チームの一員として役割を遂行できる看護職員を育成する
  • 3. 患者の機能回復に向けて、チームの調整役として、リーダーシップを発揮できる看護師を育成する

看護部クリニカルラダー

当院では、臨床における問題意識から発する内容を企画し、教育計画を立案しております。また、研修会(Off-JT)に参加し、そこで得たものを院内で伝達講習、臨床で実践し、結果を振り返る(OJT、部署内教育)ことで成長へと繋がるように支援しています。

Off-JT OJT
院外教育機関
・厚生労働省
・日本看護協会、東京都看護協会
・関東カマチグループ管理者研修
・その他
院内教育機関
・院内教育委員会
・看護部教育委員会
部門機関
・各部署での『日々の勉強会』
・各部署での医師による『臨床講義』
・病棟師長、主任によるスタッフへの教育・指導
・スタッフ間での教育・指導
Grade 2 礼儀作法・身だしなみ・言葉使いにおいて、好感の持てる態度であり、報告、連絡が適時、適切に行える。
Grade 3 日常業務が一人ででき、判断を要することは指示、指導を受けながら看護実践が行える。
(リーダー業務ができる。)
Grade 4 部署の主要業務に関する知識、技能を有しており、仕事の方針、自分の役割を理解しながら看護業務を遂行することができる。
Grade 5
チームリーダー
小集団においてリーダーの役割を担うことができ、後輩の能力、性格を把握し、適切な助言、指導ができる。
(固定チームリーダーができる。)
Grade 6
副主任~主任
自らの役割に応じて、看護を実践し、部下、後輩に模範を示すことができる。
Grade 7
副師長~師長
リーダーシップを発揮し、部署を運営することができる。
Grade 8
部長
リーダーシップを発揮し、部門及び職種横断的な組織を運営することができる。

看護部内研修

看護部内での集合研修は、5領域の研修計画を毎月企画し、実施しております。
未経験者のケアワーカーへも研修計画を毎月企画し、実施しております。

看護職員の声

回復期リハビリテーション認定看護師:黒川 雄一 (平成29年11月取得予定)

原宿リハビリテーション病院が開院して3年目に入りました。
私は開院当初から入職し、日々患者様と関わっています。その中で回復期リハビリテーション看護師は、チームアプローチを育みながら患者様の全身管理・リスク管理をしつつADLを向上させ生活の再構築を行い、自宅復帰を支援する役割があります。
私はその役割をもっと知りたいという思いから、回復期リハビリテーション看護師認定コースを受講しています。当院は、資格取得に対するバックアップ体制が整っており、スキルアップができる環境です。今後は回復期リハビリテーション認定看護師を取得し、さらに質の高い回復期リハビリテーション看護が提供できるよう励んでいきたいと思っています。

主な活動内容
1. 回復期リハビリテーション看護の質の向上を目指した実践・指導・相談
2. 回復期リハビリテーションサービスにおける多職種との協働とチームアプローチの実践・指導・相談
3. 依頼に応じた病棟訪問、回復期リハビリテーション看護領域のコンサルテーション
4. 依頼に応じた回復期リハビリテーション看護領域の研修会の講師

入職して6か月を過ぎて

急性期看護の経験を重ねる中で、もっと患者さんと深く関われる看護がしたいという思いが強くなりました。患者様のADL向上を目指し、チーム医療の熱意・スタッフの連携を強く感じる病院だと日々実感しています。

副主任 宍戸 恭平

回復期リハビリテーション看護師になって一番の喜びは、寝たきり状態で入院してきた患者様がリハビリを通して歩いて自宅退院するときです。
その患者様が目標とするゴールへ導いていけるように、他職種と連携していきたいと思います。

主任 忍足 美和

看護職員待遇

福利厚生

当院では職員に対して、国内外の旅行を実施しています。また鎌倉に鎌倉ロータスという利用できる施設や関連病院のある九州には3つの保養所があり、職員に開放しています。
厚生施設の充実に努め、リフレッシュすることで新たな意欲を生み出しながら日々向上心をもって働くことができるように考えております。

九州の保養施設

玄海サンセット
玄海サンセット
所在地:福岡県宗像市
「海沿い」に立つ玄海サンセットにて海を満喫!プライベートビーチのような目の前に広がる海を見ながらサウナ絵の体の疲れをリセットし、夕方のサンセットをみて心をリフレッシュ。「仕事を忘れてのんびり」も、たまにはいいですよね。
湯布院ロッジ
湯布院ロッジ
所在地:大分県湯布院町
日本有数の温泉地として名高い湯布院町にある宿泊施設です。おしゃれな町並みと雄大な自然が調和した、職員にも人気のスポット。貸し切りの露天風呂で日頃の疲れを癒していただけます。
九重ロッジ
九重ロッジ
所在地:大分県玖珠郡九重町
周りを囲むようにそびえる九重連山の麓に位置し、大自然の中で森林浴やジャグジー風呂を楽しめます。近くには断崖絶壁が続き新緑や紅葉の名勝地「九酔渓」や標高777mの高さのつり橋「九重 "夢" 大橋」などの見どころがあります。

院内旅行

平成28年度より院内旅行が取り入れられます。
場所は国内外より選べる旅行です。

研修旅行

海外研修制度があります。
 2年目…カンボジア
 3年目…アメリカ
 5年目…オーストラリア

個人で負担ですが、病院負担があり格安で行けます。

部活動

ゴルフ・フットサルが現在活動開始しております。今後追ってお知らせします。

病棟の紹介

3・4・5・6・7F病棟

3・4・5・6F病棟は明るく賑やかな病棟です。
病棟に入ると明るい色使いの雰囲気や空間が広がり患者様の気持ちを明るくサポートする癒しの環境となっています。
患者さんのベッドから離れる時間を徐々に増やし病気や障害を持つ前と同じ生活が送れるようにお手伝いする事を大切にしています。

3・4・5・6F病棟

8・9・10F病棟

全室個室の病棟であり、プライベートを重視したゆとりのある環境をご提供いたします。
個室には、落着きのある生活用品を一式ご用意しております。
共有スペース(デイルーム)は、リハビリ・余暇活動・お食事が出来る場となっており、職員や他の患者様とのコミュニケーションをはかることもできます。
レクレーション(余暇活動)では、ラジオ体操・習字・足浴・映画鑑賞等を日々計画しており、患者様が充実した入院生活を過ごせるように努めています。
1フロアには、22名の患者様がご入院されることができます。
一般食とは違うワンランク上の食事を提供致します。

7・8・9・10F病棟

11F病棟

11階病棟は、特別室、個室からなる20床の病棟です。
私達看護師はホスピタリティーの精神を持ち、個々の専門知識や経験を発揮し、コミュニケーション力を磨き、高い質の看護を提供できるように日々頑張っています。
回復期では長期入院になりますので、病室やデイルームで患者様やご家族の方々にもゆっくりと寛しげる癒しの空間でありますように、ソファーやテーブルにもこだわっております。
また窓からは目の前には代々木体育館、明治神宮、都内の高層ビルが見え、絶景のロケーションで働くことができます。

11F病棟

看護部 コンシェルジュの御案内

私たちコンシェルジュは、患者様が安心して快適にご入院生活をお過ごし頂けますよう、お手伝いをさせて頂きます。
院内の設備・サービスのご案内や各種お問い合わせ、ご不安なことお困り事などに関して、ご相談をお受けいたします。
また、特別室には専従のコンシェルジュを配置し、さらにきめ細やかなサービスを致しております。
どうぞお気軽にお声をお掛け下さい。

コンシェルジュ

外来の紹介

退院された患者さまがリハビリテーションの継続目的にて来られています。患者様は住み慣れた環境に戻り、外来に来院されるたびにご自宅の生活状況を嬉しそうに報告されます。今後も退院される患者様が安心してご自宅に戻り、継続したリハビリテーションが提供できる様頑張ります。

外来の紹介

職員寮の紹介

ハビリス駒込寮
山手線沿いに面して静かな住宅街にオシャレな寮があります。設備も充実しており、すみやすい環境です。
職員寮の紹介